ロタウイルスワクチン

お薦めする理由

ロタウイルスは毎年3月から4月にかけて流行します。乳児に激しい嘔吐・水様下痢を引き起こし高熱を伴うことも多くあります。重症の脱水や高熱による痙攣、あまり知られていませんが脳炎などの合併症を起こします(脳炎の原因としては、インフルエンザ、突発性発疹(HHV6)、についで3番目)。入院が必要となる例も多いウイルス感染症です。

ポリオ生ワクチンと同様、飲むワクチンです。予防効果は最低4~5年は続くと言われています。

接種期間・接種回数

生後6週から32週の乳児が対象です。生後32週までに3回接種しますが、1回目の接種は生後15週未満が望ましいとされています(世界的に治験が14週以下の乳児で行われているため)。

生ワクチンであるため接種後4週間、他のワクチンが打てません。ワクチン接種の多い時期でもあり、接種を効率的に行うには、綿密に計画を立てる必要があります。

 

コメントは受け付けていません。